大阪 堺市 お好み焼き 7人のぷれじゃのプロが教えるおいしいお好み焼き!お好み焼き作り方!レシビ!  

TOP ページへ

7人のぷれじゃ図鑑へ←GO

用意する食材

(約4人前 当店お好み焼き8枚分)

うどんダシ 200ml 
小麦粉   200g
   ながいも   
天かす
紅ショウガ
きゃべつ  約1キロ
ベーキングパウダー
卵     8個
具(ブタ、いか、チーズなど)
トンカツソース、マヨネーズ
カツオ、青のり

 

うどんダシでお好み焼き 生地作りで大切なのはいいダシを使うことです。当店では北海道産のダシ昆布とカツオなどを使って作っていますが時間とコストがかかります。ですので簡単な方法としてスーパーなどで売っているうどんのダシを使うことをお進めします。大阪で売っているうどんだしは昆布とカツオでダシをつくっているため味も濃厚でおいしいです。

まず最初にながいもを約40gすりおろして用意してください。

次にボールにうどんだし200ml,小麦粉を200g, ベーキングパウダーを大さじ一杯 を入れます。

これらを泡立て器で一緒に混ぜます。(混ぜすぎないように 8分ぐらいがいいです。)

美味しいポイント

 

ここにすりおろしたながいもを加えてもう一度まぜます。
  (こっちも混ぜすぎないように空気を一緒に混ぜるようにまわすのがポイントです。)

これで生地の完成です。このまま冷蔵庫へできれば一日もしくは4時間以上寝かして下さい。

きゃべつを切ります。細かく 5mmぐらいにみじん切りします。
  (量は960g 約1kです がんばってください。)

 

キャベツが切れますと仕込みは完了です。
  (冷蔵庫に入れておけば生地と一緒に前日に作ってもいいです。)

 

 

ホームプレートを用意して強に温度をあげて下さい。

ボールに 生地を50g、キャベツを120g、卵を1つ、 紅しょうが少々、天かすが約20g入れます
  (当店のお好み焼き一枚分の大きさです。)

 

(上記は一枚分 一度に3枚焼く場合は×3でお願いします)

3、ホットプレートの温度が十分熱くなってきましたら準備OK。
  ( お好み焼きを焼くときにジューと音が鳴るぐらい )

スプーンでお好み焼きの素を混ぜて焼き始めて下さい。
  ( 混ぜすぎないように 8分がいいです) 

こんがり焼き色が着きましたら返して下さい

ふたをして火力を中にしてください。 このまま5分間待ちます。

完成!!ソース、マヨネーズ、カツオ、青のりをたっぷりかけて下さい。

お好み焼きはおいしくできましたか?お好み焼きの魅力はやはり好みの具をたくさん入れてみんなで楽しく食べることだと思います。上記の作り方は基本的な作り方です。さらにネギや桜えびなどを加えたり自分たちの味、お好み焼きを作り出して下さい。

しかしながらホットプレートやフライパンには火を通すのに限界があります。やはりお好み焼き屋さんにある鉄板はあつあつで食べるには最適です。家庭で食べるのも楽しいですがプロの味を食べるなら当店であつあつの鉄板で食べて下さい。

お問い合わせ

Iトップ I メニュー I 店内 I MAP I 栄養について I 家庭で作る I その他 I
  I ぷれじゃ図鑑 I

produce by eiichi_125