大阪 堺市  お好み焼き!オーストラリア VB ビクトリアビアー 野菜のソムリエが教える 栄養満点!お好み焼き お好み焼きグランプリ 

TOP ページへ

7人のぷれじゃ図鑑へ←GO

 

 

皆さんは7大栄養素というのをごぞんじでしょうか?これは人間がエネルギーを供給するために必要で尚健康に生きていくために必要な物です。
まずお好み焼きには小麦粉が主体です。小麦粉にはタンパク質炭水化物、が多く含まれています。
もちろんキャベツには多くのビタミンミネラルを含み、ヤマイモ(食物繊維)、卵(タンパク、脂質)ほかにも具となる肉、魚類を同時に食べるということで7大栄養素をバランスよく補うことのできるバランス栄養食なんです。

 

キャベツの栄養

お好み焼きといえばキャベツですがこのキャベツは実は皆さんが思っている以上にすばらしい野菜なのです。まず他の野菜にくらべてほとんどのビタミン類そしてビタミンCずば抜けて豊富です。ほかにもキャベツには胃腸を元気にするビタミンUミネラルを含み消化吸収、消化不良による胃のむかつきを防いでくれます。ちなみに胃腸薬のキャベジンはきゃべつから来ています。
後 トリプトファンが成長ホルモン分泌を促すのでこどもの成長にもかかせない野菜なのです。

やまいもの栄養

当店のお好み焼きにはたくさんのやまいもが生地に含まれています。やまいもは、食物繊維が特に豊富です。やまいものネバネバは血糖値を下げ、糖尿病の改善にも効果があります。消化がよいので昔から薬用食強精食として重用されています。

ネギの栄養
ネギのツンとくる成分は硫化アリルという成分で、ビタミンB1の吸収を高め、疲れやイライラを取り除いたり血液をサラサラにする作用がありますので血栓の予防効果(動脈硬化)をも期待できます。
殺菌作用抗菌作用、身体を温める作用があるので風邪の予防に非常に適しています。さらに最近は抗がん作用があるばかりでなく、がん細胞を正常細胞に変化させる特異な機能性を持つことが明らかにされました

もやしの栄養
実はもやしにはほとんど栄養はありません。多いと言われるビタミンCでも主な野菜159種類中124位なのです。が、が、、もやしには驚くべき効果があるのです。まずもやしは大豆が発芽してなるものです。
大豆にはたくさんのタンパク質が含まれますがこのタンパク質が発芽によってアミノ酸に変化されます。
アミノ酸は現代人の弱った臓器の細胞を回復させる効果があります。アルコールで弱った肝臓にはまさしくもやしなのです。

 

生活習慣病に悩む私達しかしキャベツ、ヤマイモ(お好み焼き)を摂取することで食物繊維が胃腸を活発にし余分な脂肪を取り除きコレステロール(悪玉菌)を体外へ出す働きがあります。ねぎ(ねぎ焼き)を食べることにより動脈硬化を予防できもやし(やまと焼き)で弱った臓器を回復させます。栄養たっぷりのこれらの野菜達をお好み焼きだからこそ大量に食べることができるのです。他にも、卵、肉、しょうが、カツオ、しめじなどの栄養分を同時にとることができます。つまりお好み焼きはバランスよく健康的に食べれる食事なのです。

お問い合わせ

Iトップ I メニュー I 店内 I MAP I 栄養について I 家庭で作る I その他 I
I ホットニュース I   I ぷれじゃ図鑑 I

produce by eiichi_125